いつまでもプロトタイプ

映画やアニメ、エロゲ、AVなどなどエロネタ中心に扱ってます。

<お知らせ>
作ったもの(プラグインしかないけどw)を置いておく場所を変更しました。
一部記事にてリンク切れが発生しておりますがワタクシめ修正する気がないようです。
おなじみのアップローダーを借りたので、今後はこちらから奪ってやってください!
http://ux.getuploader.com/moistened_eye/

000

今週は「さくらが超絶いいはずなのに! セイバーvsランサーがさらにその上を行った・・・」ですな。



008 010 019
026 030 041

日常の一コマからの始まり。
ただ、藤ねぇの表情が不穏・・・
つか、確かにとろろご飯にソースとかまずそうだよねw
それにしても、藤ねぇ、今回は思ったよりも巨乳じゃないか?



051 052 053
054 055 056
057 058

今回の桜、動く動くw
いつにもまして表情が豊かで、可愛い
・・・まぁ、桜さんには後半、なかなか出番が回ってこないと思うから、ここで頑張るしかないんだよね・・・
(つか、これ、Heaven's Feel のプロモーションでも兼ねてんのかしら。桜が良すぎる・・・w)



072 074 077

慎二の不機嫌さの原因は実は朝の出来事だったのかw



088 089 090

お、イリヤ登場
容姿は子供なのに、この「ニヤリ」は怖い怖い・・・



116 117 118

ここでの桜も動く動く。
桜も感情がこんなに出せるようになったか・・・



126 129 131
133 137 152
161 171 174

学校の日常。
美綴さん、ラーメンにカレーにサンドウィッチですか・・・
食い過ぎかと思うけど、育ち盛りだしいいのかねw
それから、蒔寺・氷室・三枝の3人とはこの時が初対面だったり、まぁ、なんの変哲もない「いつも」なのかな?



182 187 193

ここで、士郎の過去がチラリ
切嗣、泣きすぎでしょ・・・



207 212 218 222 226 227

そんな一日の夜、サボリを決めた遠坂と士郎、かなりの距離でお互いを発見。
さらに、桜は金髪な外国人さんとたまたますれ違いw
そして、士郎は「だから、ここが私のうちだよ!?」と言う藤ねぇには敵わない・・・
あぁ、この藤ねぇ最強だな、いろいろな意味で。
これじゃぁ、士郎も表情を緩めざるを得ないな。



232 233 234
235

ズイズイくる桜、可愛いね~



254 259 263
266 267 273
283 285 290
302 304 314

さぁ、アーチャー vs ランサーが始まり、気付かれ、心臓をひと突き。
しかし、なぜか誰かに救われ、ペンダントを手にして家へと。
そこで、またもランサーに襲われ土蔵に逃げ込む・・・

戦闘シーン、相変わらずいい出来。
士郎の魔術行使や魔法陣の光、そう、光の使い方がメッチャいい感じ。



327 328 332

334

来ましたね、ようやくこのシーン、来ましたね!
「問おう。貴方が私のマスターか」
聞き飽きたくらい聞いたこのセリフ、それでも色あせない名台詞。



338 339 348
353 357 359
367 370 377
390 398 402

セイバー vs ランサー、スピード感いいよ、スゴクいい!
オープニングでキャスターの戦闘シーンがちょこっと流れるけど、今回、戦闘シーンがものすごくいい。

となると、一番の注目は対アサシン戦かも。
いやいや、士郎の戦いもまた見所になりそうだ。

そんな素晴らしい戦闘シーンが終わった後、なぜかお互い自己紹介w

で、士郎が「衛宮」と言った時の表情がまたなんとも。
セイバーは「切嗣」とのことがフラッシュバックしたんだろうな。
でも、同時に「正規のマスターではないのですね」と言う辺り、直感で「切嗣とは血のつながりがあるわけではない」と理解しているのかも。
呼び名にしたって「それでは士郎、と。えぇ、私としてはこの発音の方が好ましい」というからね。
「衛宮=切嗣」というイメージはぬぐえないから「士郎は士郎」が良かったんだろう。



410

「プロローグ」は凜が完全に主役だったけど、第一話からはみんな前に出てきたねぇ。

特に桜w
影を背負ったイメージがないのは良かったような悪かったような。

藤ねぇの胸もなんか前に出てきてたし・・・

脇役的位置の美綴、蒔寺・氷室・三枝、このあたりもなかなかいい味出してるし、今後、それぞれがどんな物語をつづっていくのか楽しみ。

大筋こそゲームのそれをなぞるのだろうけど、「新事実」を盛り込んでいくと言うから、そこがまた楽しみ。

映像クオリティも高いし、新デザインも追加されてるし、「Fate」を知って日の浅い私めでもかなり楽しめております。



411 412

そんな次回予告がこれですが、Zeroの時もそうだったけど、この次回予告の演出、いいですな。




コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

このページのトップヘ