いつまでもプロトタイプ

映画やアニメ、エロゲ、AVなどなどエロネタ中心に扱ってます。

<お知らせ>
作ったもの(プラグインしかないけどw)を置いておく場所を変更しました。
一部記事にてリンク切れが発生しておりますがワタクシめ修正する気がないようです。
おなじみのアップローダーを借りたので、今後はこちらから奪ってやってください!
http://ux.getuploader.com/moistened_eye/

000

今週は「セイバーもいいけど、凜にやられっぱなし。特にorzな凜にね」ですな。



001 004 005 010 011 013 017 018 020

ランサーが去った後、凜&アーチャーに出会い、何も知らない士郎にいろいろレクチャー。
さすがに今回はセイバーも甲冑を脱いだのねw

それにしても、前から思ってたんだけど、この居間、広いな。数えてみたら16畳もあるんだけど・・・
ま、昔ながらの日本家屋だとこのぐらいが当たり前かねぇ。




029
031 037 041 046 068

まだまだ続くよ凜のレクチャー。
さて、ここまでセイバーのカットもかなりあったけど、やはり美しいですな。凛々しいですな!
・・・でも、ちょっと眉が茶色すぎやしませんか?もう少し髪の色に近くてもいいかなぁ、なんて思ってたり。



071 072 073 074 075 076 077 078 083

#01の桜もそうだったけど、凜も今回は動きがコミカルなときがあるというか、良く動きます。
ただな、遠坂嬢よ、セイバーを士郎にとられた悔しさはわかるけど、男の前でその格好はやめなさい。
まるで、後ろから入・・・いや、あれだ、はしたないよ。



080

ま、こんな格好、好きだけどねw



092 095 103 107 108 109

そして、ここでようやく凜の性格の歪みに気付く士郎。時すでに遅し、だな。
この後も、セイバーがらみでからかわれるんだろうな~w

さて、凜からの話も終わって、教会へ。
と、その前に、破れ土と血で汚れた制服から普段着へ。
この時、凜の宝石をポケットから出して手に取り引き出しの中へ・・・
って、この時にそれが凜の物で治療も凜が施してくれたとなぜ気付かない、この鈍感め!
(実は気付いてるんじゃないかとも思ったけど、彼は士郎だ、そう思うと気付いていないな、と)



114 115 116 117 118 119 123 126 129 142 145 150 159 160 163

映像で見ると、相当な距離がありそうな言峰教会。
未遠川にかかる冬木大橋がその高台から望めるようだけど、おいおい、やっぱりこれ、相当遠いよな?

そんな言峰教会で士郎は綺礼と初対面。
なんだけど、セイバーと同様、綺礼も「衛宮」に反応する。
ただ、綺礼の反応はセイバーとは真逆だな。その名をもう一度聞けたことに喜んでる。

で、セイバーさんは外で、しかも教会の入り口、門で待っているわけだけど、セイバーにとって綺礼はそんなに顔を合わせたくない人物なのだろうか。。。

確かに、Zeroでは切嗣やアイリがあれほど警戒する相手だったけど、他人の苦痛や破滅に愉悦を覚えるような外道とは理解していないはずだし、そもそもそこまで接点があったわけでもないし、ましてや今回はマスターですらない(今のところそうは語られてない)から、そこまで距離を置くのものなんかなぁ・・・

ゲームでの言葉通り、「目的地が教会なら外を見張る」という行動であってもいいわけで、わざわざ「前回の聖杯戦争で何かあったのかしらね」と言うには・・・



169 170 171 172 173 174

そして、セイバーがチラリ、アーチャーもチラリ。
セイバーはアーチャーに対して向けたのは単なる警戒のような物だろうけど、アーチャーは違うよね~



176 183 185 209 213 218

士郎、聖杯戦争への嫌悪感は変わらずも未だもって戦う意味を見出せないでいた。
が、10年前の原因不明の大火災が聖杯戦争によるものだと知ったところで「二度と繰り返させる物か」と決意。

ところで、凜は前回の聖杯戦争で、最初に聖杯に触れたものを「甘ちゃんだった」と言うけど、これ、綺礼を指しての言い方じゃないような。

ゲーム内では確か、綺礼のことを指して発した言葉だったはず。
綺礼も前回の参戦者で、戦いを避けて聖杯に触れたために、相応しくない者として受け入れられず、結果、あの災害を招いた、と。

しかし、Zeroでは切嗣が最初に聖杯に触れ、聖杯の真実を知り、拒絶した。
あの災害は「人類の恒久的平和」を実現するために、切嗣の知り得る手段=争いを起こす者の抹殺=人類全ての消去が、部分的に発現されたもの。

第4次の詳細や聖杯の真実を知らない凜にとって聖杯を完成させられなかった人物を「甘ちゃん」と表するのは当然だけど、今回のUBWではZeroの要素を優先してるのかな。

ついでに、アニメ版の Fate/Stay night では初っぱなにセイバーとギルガメッシュの戦闘シーンがある。
けど、Zeroでは、あんな派手なシーンは描かれなかった。求婚のシーンくらいだものね。
ということは、ゲーム内での災害の原因と、アニメFSNでの災害の原因はなかったことになっていて、Zeroの設定が引き継がれていることになるのかな。



234 236 238

ま、どちらにしても話は終わり。
「喜べ少年。君の願いは、ようやく叶う」

・・・あれ?士郎さん、反応薄すぎませんか?
自分の望んでいるものは醜悪な者が現れることと同義だと言われてるのに、その感情が描かれるシーンがないままでは、士郎の抱える葛藤が軽く感じられてしまいそうなんだけど。



241 242 243 246 248 249 250 251 254 256 258 263

外で待つセイバーと合流。
門をくぐった直後の士郎を見ているセイバーは引き締まった表情だけど、士郎の決断を聞いた後の表情は柔らかくていいな~

それを背後で見守る凜。
なんか言いたげというか、士郎の葛藤や矛盾にもう気付き始めてるんだな。



266 267 268

・・・セイバーさん、さすがです。
凜と士郎はただ前を見て歩いているだけなのに・・・



272 274 275 276 277 282 283 297 298 299 300 301

凜のこーゆーとこいいよねw
いつも冷静で動じないはずの凜がアーチャーと士郎の言葉に表情を崩しちゃうところとか。



303 304 306 308 309 310

311

バーサーカー、相変わらず格好いいな。。。
ただ、なんだか、今回はもの悲しい表情なんだけど。


というところで、#02完。

来週はセイバーvsバーサーカー戦か。
今回のUBW、戦闘シーンがすさまじく美しいから期待大!
そして、アーチャーがどんなことをしでかしてくれるのか、楽しみですな。



313 314

そんな予告編がこれ。
予告編てーと、次回の映像を断片的にダイジェストすることが多いと思うんだけど、Zeroからこの方式。
どんなシーンが演じられるのかを表していて、むしろこっちの方が想像をかき立てられるね。



以下、おまけ。


L001 L002

うん、セイバーは巨乳化されなくて良かった。
貧乳でこそセイバー、アルトリアでしょう!w
(貧乳と言うにはある方だと思うけどね)
いや、マジで、このくらいの方がキレイなんですが。



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

このページのトップヘ