いつまでもプロトタイプ

映画やアニメ、エロゲ、AVなどなどエロネタ中心に扱ってます。

<お知らせ>
作ったもの(プラグインしかないけどw)を置いておく場所を変更しました。
一部記事にてリンク切れが発生しておりますがワタクシめ修正する気がないようです。
おなじみのアップローダーを借りたので、今後はこちらから奪ってやってください!
http://ux.getuploader.com/moistened_eye/

カテゴリ: ゲーム

461



どうも、ご無沙汰しております。
報道等では労働時間を規制する話が出ているようですが、ここ1か月ほどの我が社の様子はというと・・・

ま、忙しいってこってすw

寝落ち率が異常に高くて、帰宅後なにかを始めても割とあっさり睡魔に負ける日々でして。

しかし、ようやく年度末の処理も終えて25、26日と連休!!


ただ、忙しかったとはいえ全く遊ぶ余裕がなかったわけではなくてPartyに向けてShortcutsHSをちょいちょいいじってます。

ハニセレが出たとき、「ちょうどいい機会だから作り直そう」と思ったのと同じように
Partyが出るとのことなので、やっぱり「ちょうどいい機会だから作り直そう」と思っているわけです。

いや、ちゃんとプログラミングができる人はきっと「イチからやり直す」なんて無駄なことはしないんでしょうが、私の場合、その方が間違いがない状況(=低レベル)なんですよね~

ま、そんなこんなで ShortcutsHS Party で実装されそうな新たな機能をいくつか紹介~

ただ、最初の「ライト」以外は需要小?
でも、少なくても確実に需要がありそうではあるし、やってみてできたからお蔵入りは忍びないのでこのまま生かしてみようかと。

尚、画面は開発中のものであり、リリース時には機能やデザインが大幅に変更される場合があります。(この類のセリフ、言ってみたかったんだ~w)





・メニューウィンドウの横幅調整(これらの設定は保存可)
・ライトはリソース(PCスペック)の許す限り無限に置ける
・ライトはひとつひとつに名前が付けられる。
・ライトはひとつひとつにコメントが書ける。
・そして、これらライトの設定はすべて保存される
・オブジェクトの検索はオブジェクト名だけでなくコンポーネント名でも可能に
・オブジェクトツリーの表示をより見やすく、より使いやすく
・オブジェクトのレンダーキューをリアルタイムに変更可能に
 (ただし、マテリアルを持ったオブジェクトだけね~)
・カメラの詳細情報が閲覧可能に
 (だいぶ前から実装はしてたけど、今回からAdvancedModeで公開しようかと)


456

 
457
 

459


458
 
 
460
 

あ、作り始めておいてなんですが、これらがPartyで動くかどうかはわかりません!w

たぶん動きません。
現行スタジオのみ対応となるでしょう。

でもま、作り直す意味はあるんですよね。
Partyたって結局はUnity。
Unityだけの部分とillusion独自の部分とを少し整理して作り直せば、現行スタジオでの機能のいくつかをそのままPartyに持っていけないかなぁ、なんて思ってるもんで。

できなけりゃできないで、また考えるし、いいのさ~ 

454

久々に
ハニセレった
スタジオった

キャラメイクから始めてみるも、自プラグイン以外は入れていない環境のため、ほぼバニラ。

出来上がったSSを見てみれば、結局どこかで見たことのある自分好みの画。

まぁね、酔ってたらこんなもんですよね。
いえ、別に酔ってなかったらすごいというわけでもないんですが・・・w

でも、久々に酒かっ食らいながら何も考えず、ただ、ただ、楽しんでるだけってのは良いストレス解消ですな~

うふ、飲みすぎちった(いつものこと)


あ、最近、C#、というかオブジェクト指向プログラミングなんてものをちょっとだけ、ほんのちょっとだけ真面目に勉強してみました。

クラスがどうとか、インスタンスがどうとか、継承がどうとか、なんかそんな感じのこと。

そして、配列ってやつだけじゃどうにも面倒な感じだったのが LIST っちゅー優等生に任せてみたら用途によってはスゲー便利なこともわかってきた。

とりあえず、ライトは無限の剣制となるようです。

453
 
ライティングって、思っている以上に重い処理なんだよね。
100個もライト置いたらめちゃくちゃ重いよ。(いや、そんなに置かないから)

ま、普通は3個くらいだから問題ないかな?
デフォルトのライトと合わせても10個を超えることはないだろうから、スタジオでなら複数のライトを追加しても問題なさそうだね~
そして、すべてのライティング設定は保存ができる!!!・・・はず。

でも、これ、今のハニセレ用にするか、Partyが出るまで待つか悩みどこ~


さて、そういえば、最近は更新頻度が低い気がしなくもない。

そう、年甲斐もなくFGOとか3周回遅れくらいで始めてみたら、添い寝するほどハマったらしいw
はい、要は仕事から帰ってスマホいじりながらテレビ見てたらいつの間にかFGO始めてて、ついでにそのまま寝落ちというパターンですなw

ハニセレのように半裸または全裸のねーちゃんが出てくるゲームを放置して寝るのはまずいけど、FGOくらいなら問題ない模様w


455

この画面、主張が強いのはマタ・ハリぐらいっすからね~
この程度なら・・・(たぶん感覚がマヒしてきたのだろうw) 

452


先週、ようやく仕事という名の旅、陸の孤島から無事帰還したというのに、今週は飲みというさらなる試練が訪れた。
そう、休肝日がゼロというマジであまりやってはいけないトレーニング・・・
(と言いつつ、帰宅後の今もまだ飲んでる辺りダメ人間だけど、それはコタツがぬくいせい)

いや、どっちも楽しいんだけどね・・・
楽しいんだけど、全行程を終えてほっと一息ついた途端出る言葉が「さすがに疲れた」だわw 

・・・歳食ったな・・・


さ、さぁ、そんな辛気くさい感情は投げ捨てて、形にもならない何かを作り始めたよ!!(空元気)

Partyとかなんとかいうアレですが、NEOとか付くだけあって機械と人間の共存を望むのでしょうか。

いや、マトリックスではなくイリュージョンなだけあってむしろ殺しに来るんでしょうな。
MODを。。。
(あ、イリュの場合、バグだらけで殺しに来るっていう意味かも!?w)

公開されている情報を見ると、光源の自由配置だとか親子付けだとかIKにFKにアンドゥと、なんだかプラグイン系の半分はもういらねんじゃね?ってな内容。
あるいはマジで殺しに来たかもねw

でもね、イリュージョンがターゲットにしている客層はパソコンに詳しい人ばかりではないと思うの。

だからUnityに備わっている全ての機能を実装してユーザーが自由にカスタマイズできるようにすることはないし、したら売れない。

どんなに親切インターフェースを開発したって、結局はエロゲ、親切でも手間が増えてしまうというのは多くの購入者にとってはやる気を削がれるものにしかならない。
(イリュがDAZStudio系に進むなら実装してくるだろうけど、今のところはなさそうだよね)

が、しかぁし!
3Dでエロ、しかもリアル系、そして手軽となるとイリュしかないわけで、 手間がかかっても良い(自分好みの)ものを作りたいという要望は決して少なくない。はず。

MODやプラグインて、結局はそこですよね~

自分(あるいは皆さん)が期待するイリュージョンのエロゲorスタジオってのは、やっぱり誰もが満足するものは難しい。

そこを補完するのがMODかなぁ、と。


というわけで、Partyがどんなものになってどんな仕様になるのかわかりませんが、もしShortcutsHSPartyなるものが生まれるようなことがあれば、堕ろすようなことはせずに生ませてやりたいと思います。
そして、MODという界隈ですから、無責任に自分勝手に欲望の赴くままに育ててやろうかと思います! 
なれば、相当なジャジャ馬になろうことは想像に容易いですが成人(リリース)されたそれを乗りこなす紳士が現れることを望みましょう。


< 蛇足 >
プログラムの書き方がわかってきて面白くなってきたというのに忙しくてあまりできない。
なんだか悶々とする日々。
まとめて時間が取れそうな次の機会は・・・ゴールデンウィーーーク!!!!
・・・休めればねw
 でも、C#のクラスの意味だとか設定の保存方法だとかがわかってくると、なんと面白いことか!
そんな感じで書いては寝落ち、書いては寝落ち、そんな日々。
ゲームを起動するのはデバッグ時。
なんだこれ、ハニセレが学習教材になっとる!!www 

445

最近、なんだかとっても忙しいのです。
正月も1週間を過ぎれば落ち着きを取り戻し、2月は地獄のような暇さで「このまま仕事がないとヤヴァイんだけど・・・」と焦る時期のハズなのに、今年は真逆。

まぁ、金にならない仕事で今やっとけばあとに繋がる可能性がある、というもので例年の「暇すぎてヤヴァイ」が「忙しいのにヤヴァイ」になっただけで「ヤヴァイ」ことには変わりないというw

おかげで今回は2週間近くも間が開きながらその間にHSで遊んだ日は片手ほどかと。

んで、追加されたのは以下。


とりあえず、冒頭の画像に変更点のほとんどが現れているのでチラ見をどうぞ。

ShortcutsHS 1.0.9
 ShortcutsHSに「普段は使わないけど時々使う機能」がありそうなので
 それを格好付けて「Advance Mode」なんて名付けてみた。
 カメラやライトの設定では「カリングマスク」というものが変更できるようになる。
 詳しくないけど詳しくは過去記事を参照いただくか、ググってみて下さいw
 そうそう、Object操作ではオブジェクトの属しているレイヤを変更できる。
 いずれも実用性は低いだろうけど、もしかしたらどこかで誰かの役に立てるかも!?
 と思って祈りながら実装。
 
CDST 1.1.2
 ただただ試したかっただけの機能を実装。
 いわゆるリモコンです。
 それもHSの全画面表示には非対応という・・・
 そして、各種ボタンは本編用、スタジオ用ごちゃ混ぜ。
 本編ではほとんど使えるけど、スタジオでは逆に使えないボタンが多数。
 また、UIやフォントがでかいためか、1920x1080な解像度のモニタ、
 できれば2画面構成じゃないと
 むしろ邪魔かもしれない状況になってしまったような・・・
 蛇足ですがね、本当にやってみたかったのは「プロセス間通信」ってやつなの。
 でも、Unityがその機能を使わせてくれないの。
 だから、強引に外部から操作を行うにはどうすればいいかな、
 という結果がコレだったということ。
 UnityのUIは扱いづらい。
 書式設定のようなものはどのMODでも変更できるから、デフォルト設定をMODで変更してると
 そのMOD以外にも影響が及んで、作者の意図した表示にならなくなってしまう。
 それを避けるため、また作成の容易さから
 フォームアプリで外部から操作できたらいいのに・・・
 と思ったからの「リモコン」だったけど、ん~・・・難しいわw


そんな感じで久々のブログ更新。

ただ、こう、キーボード打ちながら睡魔に負けること延べ3日ほどな気がするw

今日もほら・・・そろそろ・・・眠い・・・

  

441


カリングマスク

最初この単語を目にした時、それは英語だった「Culling Mask」って。

そして読み違えた「カッティングマスク」と。

当然、当初は何を意味しているものかも全くわからず、「カッティングシートじゃねーのかよ」とかこぼしながらスルーを決め込む。


・・・時は流れて今、「t (ティ)」じゃなくて「l (エル)」じゃねーか!(個人的衝撃の真実)

んでも、なんかこう、「その処理はカットしてマスクする」みたいな感じであながち間違ってはいなかったんじゃないかと(いや、全然違うんだけど・・・)

そう、カリングマスクって「その処理は省く」みたいな意味合いだったんだね。(だから、違うかも) 


例えば、ライト。
キャラには光を当てるけどマップには当てない、とかはこのカリングマスクってのでやってる。

カメラもそう。
キャラは映すけどマップは写さない。カリングマスクってのでやってます。

そのキャラやマップは全部グループになってて番号に振り分けられていて、Unityでは全32個。
Photoshopを始めとしたレタッチソフトやペイントソフトなんかに触れる人は良く知っているであろう、「レイヤ」ってのが該当していて、Unityは32個のレイヤを持っています。

キャラは10番のグループ、マップは12番のグループ、みたいに振り分けられてる。アイテムも10だったかな?

だから、ライトの設定で10番には光を当てないで、とすればキャラとアイテムにはライトが当たらなくなります。

カメラも同様で、12番は映さないで、と指示すればハニセレではマップが消えます。


さて、ここで気付いたのはですね、下着系が1番だってコト。

では、メインのカメラの設定はそのままに、カメラ化された携帯電話の設定をちょっといじって「1番は映さない」という設定にしてみましょう。

メインのカメラは通常通りに全てのオブジェクトを映しますね。
携帯電話カメラは1番をカットして他を映します。

うふ、メインのカメラではちゃんと下着姿なのに、携帯電話カメラでは脱げちゃってます。冒頭のSSですね。

透視!?

そんな感じのお遊びができそうなんですね~

とはいえ、残念なのは、レイヤの使い方が凄くおおざっぱなこと。

1番 、下着(一部?)
10番、キャラとアイテム
11番、床(?)
12番、マップ

他にもまぁ割り当てられて入るんですが、SS撮る時とかに考えそうなのはこの辺り。
だけ。こんだけ。32個もあってこんだけ!

衣装を透過すると身体がないので向こう側が見えちゃうからホラーになっちゃうけど、 アイテムなんかはもう少しレイヤ分けてもいいんじゃないかと思ってみたりもする。


子供の頃ね、将来はこんな透視技術ができるもんだとワクワクしたもんですよ。

「このメガネをかけるとあら不思議!洋服が透けて見えちゃう!」みたいなw


あぁ、飲みながらやってっと楽しいw

覚えてるのかどうか、という不安はあるけれど、忘れたとしても年のせいではなくてアルコールのせいにできるから気が楽w


しかし、カリングマスク、使いどころは難しいかもな~

このページのトップヘ